収納が必要なのは個室だけではない

収納というと、それぞれの個室に設けるクローゼットを思い描く人は少なくありません。しかし、それ以外の空間にも収納を設けることで、必要な場所に必要なものをすぐに収納できるようになります。例えば、洗面所に設けた収納にパジャマや下着を入れたり、トイレに設けた収納にトイレットペーパーのストックを並べたり。キッチンにパントリーを設けることで、食材のストックなどを収納できるようにもなります。それぞれの空間に収納を設けておくことで、物を取りに行くまでの動線を短くして、便利な生活が送れるようになるでしょう。また、十分な量の収納を設けることで収納家具を置く必要がなくなるため、部屋の中をスッキリした状態にすることができます。

収納の目的を考えることも大切

収納の配置を考える際は、ただ単に扉を付けた収納空間をつくればよいという訳ではありません。収納を設ける場所に応じて、その目的に合わせた仕様にすることが大切です。個室の場合は、洋服を掛けるためハンガーパイプが付いてるクローゼットタイプが望ましいでしょう。布団などの大きなものを収納する和室の場合は、中段と枕棚があるシンプルなタイプが適しています。そして、洗面所やパントリー、ホールなど小さなものをたくさん収納したい場所や、後から棚の位置を調整したい場所であれば、可動棚がおすすめです。収納するものによって最適な奥行きも異なるため、収納するものをしっかり考えながら、収納の中もプランニングしていくようにしましょう。

新築一戸建ての計画をする際には、敷地の高低差や方角、隣地や周辺環境との兼ね合いも踏まえながら考えることで、唯一無二の空間にすることができます。