家事動線がスムーズかどうかは大切

注文住宅の間取りを決める際に、家事動線がスムーズであることはとても大切です。仕様の良いものや、見栄えの良いものを使っている注文住宅であったとしても、生活を送る上で家事動線が悪いとストレスを感じやすくなってしまいます。例えば、キッチンで料理や片付けをしながら洗濯機を回したい場合は、キッチンと洗面所との動線を短くする必要があります。家事動線がスムーズかどうかは、普段の生活をイメージしながら間取りを見ていくと分かりやすくなります。家が変わったとしても、基本的に家事を行うタイミングは変わりません。キッチンからダイニングテーブルに配膳しやすいかどうか、お風呂を沸かしに行きやすいかどうかなど、様々な項目についてチェックしておきましょう。

階段の位置が動線のポイントになる

階段の位置をどこにするかは、家族全員の動線に関わるとても大切なポイントです。リビング階段の場合は、外出や帰宅したタイミングで必ずLDKを通らなければならないため、家族とのコミュニケーションが自然と増えやすくなります。家族のちょっとした変化にも気付きやすくなるでしょう。しかしながら、二階まで空間が続いていくため、空調効率が悪くなるという面も持ち合わせています。玄関から近いホールに設ける場合は、LDKを通らずに外への出入りができるようになりますが、子供が友人たちを招いた時にLDKというプライベートな空間を覗かれる心配はなくなります。それぞれにメリット、デメリットが存在するため、それらをしっかり理解して設置場所を決めることが大切です。

建売住宅は、土地と住宅がセットで販売されている分譲住宅のことを言います。すでに住宅が出来上がっているため入居した後の生活がイメージしやすく、引越しまでの期間が短いなどのメリットがあります。