建てた後に改善するのは難しい

彩光や通風を考えずに注文住宅の設計を行い、実際に建ててしまうと、風通しが悪く、太陽の光があまり差し込まない間取りになってしまうことがあります。採光や通風には窓の配置が大きな影響を与えるため、同じサイズで、同じ数だけ窓のある住宅でも、その配置の仕方によって採光や通風の良し悪しが変わってきてしまうのです。壁紙や床材など、内装材であれば比較的気軽にリフォームしやすいですが、採光や通風に大きな関りのある窓は、建物の構造や防水面で影響が出やすいため簡単にリフォームすることができません。また、費用面でも大きな負担となってしまいます。そのため、採光や通風に関しては事前にしっかり検討した上で、窓の位置などを決めていくことが欠かせないのです。

彩光と通風を良くするポイント

採光を良くするためには、基本的に南側に大きな窓を設けておくことが望ましいですが、敷地によっては隣地や道路との関係でそれが難しいこともあります。そのような場合は、南という方角にとらわれず、臨機応変に考えるようにしましょう。そして、同じ大きさであっても、できるだけ高い位置に窓を設けた方が隣地の影響を受けにくく、光が差し込みやすくなります。また、高い位置に窓を付けることで、部屋の中には家具を置きやすくなるというメリットも生まれます。トップライトも、採光を確保するために有効な方法と言えるでしょう。通風を良くするためには、できるだけ一つの空間に二カ所以上の開閉できる窓を設けることが望ましいです。そして、それぞれの窓は違う壁面に配置するようにしましょう。